TOP » 通貨ペア選びのポイントはドルストレートの為替レートを見ること

通貨ペア選びのポイントはドルストレートの為替レートを見ること

日本人にとっては円が自国通貨ということもあり、ドル円やクロス円を中心に取引する人が多いと思います。ただし、その場合は対ドルを中心に他の通貨のチャートもあわせて見ることをおすすめします。円以外の組み合わせがどのような価格帯で推移し、歴史的に見たときに現状は高値なのか安値なのかといったことを見ていくのも役立つでしょう。

たとえば、豪ドルが対円では高値をどんどん更新していても、実は他の通貨では高騰していない、あるいは下がっているというのであれば、世界中の投資家は豪ドルを売っているのに、日本の投資家だけが気がつかず、豪ドルを買っている、というような状況です。何らかの理由により世界の投資家たちは豪ドルから撤収していることに、すべての対豪ドル通貨を日々見ていれば、いち早く気がつくはずです。一歩先に行動することで余計な損失を避けることができるのです。

関連ページ

FXの基本中のキホンとなる通貨ペア。しかし本当に理解している投資家はほとんどいません。たとえばドル/円はなぜ、円/ドルじゃないのか・・・ユーロドルのスワップは本当はドルでついているなどなど。知れば奥が深い通貨ペアをご紹介します。
通貨ペアの見方とその意味

アメリカドル(米ドル)の為替レートに注目しよう

ではどのようにその流れを確認すればいいのでしょうか?

豪ドル/円の為替レートは、「豪ドル/米ドル」×「米ドル/円」の為替レートで計算され、FX業者が私たちにレート提示しています。インターバンク市場では豪ドル/円という通貨ペアはほとんど取引されていません。

ですから豪ドルに世界のお金が流れているかどうかを見極め、豪ドル/円を取引するときは豪ドル/米ドル、ドル円の為替レートを見なければいけないのです。ちなみにユーロ円もユーロ/米ドル×ドル/円の為替レートをかけて算出されます。

では実際の計算例を見てみましょう。現在の豪ドル円は84.60円(Bid)です。豪ドル/米ドルは1.0379ドルドル円は81.51円です。

1.0379ドル×81.51円84.599円
このように84.60円の豪ドル/円の為替レートが算出されることがわかります。

また通貨ペアを選ぶ際に最も重要なのは、米ドルに対して、どの通貨が買われているか、売られているかを必ず確認しましょう。米ドル/円、ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル、米ドル/スイスなどのドルストレートの為替レートに注目しましょう。

ちなみに目先最も強いのは豪ドル(オーストラリアドル)でしょう。米国のようにサブプライム問題を背景にしたリーマンショック、ユーロのような財政、経済不安などを抱えておらず、鉱山物などの資源輸出を背景に安定的な経済成長、財政運営をしています。また地政学リスクが少ないというのも大きな魅力となっています。

豪ドルなどの高金利通貨はマメに利益確定をしておこう

では最後に、参考までにクロス円取引におけるドル円以外の主な通貨の売買の目安をご紹介します。あくまで私見であることをご了承ください。

ユーロ

ギリシャをはじめとしたユーロ導入国の財政危機がユーロ売りに拍車をかけています。根本的には大きな問題ではありますが、これはいまに始まったことではなく、むしろユーロ導入国の輸出主導による経済立て直しを図るために、欧州当局はユーロ安容認の様相を呈しています。その背景にはドルの暴落に備え、いまのうちにユーロ安にしておくという思惑も考えられます。対円については、今後は105~120円のレンジ相場になると予想されますので、105円付近を買いのターゲットにしておくといいでしょう。

ただし、中長期的にはアメリカのデフォルトよりもユーロ崩壊(2014~2016年)の可能性が高いため、必ず利益確定することをおすすめします。

英ポンド

欧州通貨のなかではドル寄りの通貨なので、ドル売り相場では英ポンドも売られやすい傾向があります。ドルの動きに常に注意しておきましょう。

オーストラリアドル(豪ドル)

対円では長期的に見て50円台が底値と思われます。2011年秋頃、ドル売りに加速がつくととくにもみあいとなるでしょうが、70円台になったときに買っておくのもいいでしょう。またドルが強くなってきたら世界経済も拡大していくため、豪ドルはますます買われるでしょう。

ニュージーランドドル(NZドル)

長期的な豪ドル/NZドルのチャートを見ると1豪ドル=1.30~1.20NZドルというレンジで動いています。ざっくりとですが、1.20NZドル付近になったら豪ドル/円を買い、1.30NZドルになったらNZドル/円に切り替えるという手法もあります。ただし、豪ドルやNZドルといった高金利通貨でキャリーを稼ぐ場合は、必ず通貨安で振り落とされるステージがあるので、持ちっぱなしではなく、マメに利入れをしたほうが賢明です。

スイスフラン

有事の際の「逃避通貨」として認知されていることから、対ドルでは今後も引き続きスイスフラン買い/ドル売りを示唆しています。東日本大震災後の協調介入以降、各通貨が円高気味に推移するなかで、スイスフラン円は左肩上がりを続けているという独特の動きを見せています。非常事態の発生前には「円」と「スイスフラン」が買われるので、危険信号を出していないか見るのに役立ちます。

関連ページ

米ドル、ユーロ、豪ドル、ポンドなどFX投資家に人気の通貨の特徴と、今後の注目ポイントをご紹介。また今後の展開を予想します。
主要通貨の特徴と今後の注目ポイント

FXで勝つためには、取引ルールを知ることが重要

デイトレード、スキャルピング、スワップ狙いなど、FXで利益をあげる方法は様々あります。これはFXがレバレッジを利用した自由自在な金融商品だからできること。いっけん複雑に思えるFXの仕組みを、初心者の方でも理解しやすいように、FXの活用方法、取引ルールを簡潔にまとめました。

rule_0922.png

FX初心者の方におすすめのFX業者-最強の組合せ

FX業者により強化しているサービスはさまざま。デイトレードをする初心者の方はスプレッドの狭いFX会社。外貨投資として中長期でFXをする投資家の方は、スワップの高いFX業者。FXで利益を上げるためには、有利なFX業者を選択する必要があります。多くのFX業者に口座開設をして、自分の目でサービスを確認しましょう。実はこれがFXで利益を上げる一番重要なことなのです。

低コストランキング

1位

DMMFX

DMMFX

スプレッド原則固定0.3銭など最強スプレッド。取引画面が操作しやすく初心者にもおすすめ。

2位

GMOクリック証券

スプレッド原則固定0.3銭。バイナリーオプション利用可能。

3位

YJFX!

千通貨、米ドル/円スプレッド0.3銭。バイナリー利用可能。

スワップランキング

1位

外為オンライン

外為オンライン

ドル円をはじめ高金利通貨も最強のスワップを提供。キャッシュバックキャンペーンがお得

2位

外為どっとコム

スワップのみ出金できるスワップ振替機能。豪ドル、ランドのスワップ抜群。

3位

セントラル短資FX

ポジションを決済せず、スワップをいつでも出金可能。シストレ利用可能

少額(千通貨)ランキング

1位

ヒロセ通商

ヒロセ通商

1000通貨から手数料無料。ドル円スプレッド0.4銭固定。バイナリーオプションもある

2位

SBI FXTrade

100円程度、1通貨から取引可能。千通貨のスプレッドは抜群に狭い

3位

マネーパートナーズ

千円、100通貨から取引可能。100%約定保証。格安の外貨両替サービスあり

関連記事

FX New Rules

FXの初心者必見
FXで勝つための新ルール!

FX New Rules 1~20 - 新時代のFX -

今ならFX運用に役立つ
書籍とDVDの2つが
ダブルでもらえます!!

株式会社マネースクウェア・ジャパン

初心者でも勝てるFX

FXはちょっとした工夫で利益が変わる・・・
【通貨の特徴】 世界の通貨の特徴 FXで人気の注目通貨の取引ポイントを解説
【FX質問箱】FXに関するQ&A 元FX業者社員が皆さまの質問に答えます
ブログパーツ無料配布中