FX New Rules

FXの初心者必見
FXで勝つための新ルール!

FX New Rules 1~20 - 新時代のFX -

今ならFX運用に役立つ
書籍とDVDの2つが
ダブルでもらえます!!

株式会社マネースクウェア・ジャパン

初心者でも勝てるFX

FXはちょっとした工夫で利益が変わる・・・
【通貨の特徴】 世界の通貨の特徴 FXで人気の注目通貨の取引ポイントを解説
【FX質問箱】FXに関するQ&A 元FX業者社員が皆さまの質問に答えます
ブログパーツ無料配布中

レンジ相場の攻略法

最初に理解しなければいけない重要なテクニカルのひとつとして、レジスタンスとサポートがあります。

これは、多くの市場参加者が意識しているレート(ライン)のことで、実は、これを見つけるのが意外と難しいのです。

一般的には、チャート上のスイング(上がり下がりを繰り返す一連のチャートライン)の高値と安値がレジスタンスとサポートだという考え方が浸透しています。この考え方は間違っていませんが、よく「大量のラインが引けてしまって、実際にどのラインが意識されているのかわかりません。どうすればいいですか?」という質問をされることがあります。

こういったトレーダーの大半が、すべての時間足のチャートでスイングを確認して、その高値と安値すべてをレジスタンスとサポートとしてしまっているのです。これでは迷ってしまいます。

考え方としては、チャート上のすべての高値と安値がレジスタンスとサポートという訳ではなく、実際に意識される可能性の高いラインがレジスタンスとサポートであり、結果的に突出した直近の高値と安値となることが多いと理解したほうが良いかと思います。

それでは突出したとは、いったいどの程度なのでしょうか?相場が大きく動いたときには、○○日ぶりに安値を更新というニュースを耳にすることがよくあります。実際に、記者がどの時間足チャートで判断しているかわかりませんが、少なくとも○○日ぶりといった時点で、日足以上ということはわかります。

このことから私は、意識されるスイングの高値と安値をレジスタンスとサポートとする場合には、日足以上の時間足としています。とくに、直近の安値と高値やトレンドのトップとボトムのような高値と安値は意訳されやすいといえます。

ラウンドナンバーとは?

それでは、レジスタンスとサポートとは、スイングの高値と安値だけなのでしょうか?前述したように、より多くの市場参加者が意識しているラインという意味で考えれば、レジスタンスとサポートは、スイングの高値と安値だけではありません。当然、節目となるポイントは意識される可能性が高くなります。そして、そのなかでもっとも簡単に見つけることができるのが、ラウンドナンバーです。

ラウンドナンバーとは、クロス円の85.00円や80.00円、そして、100円等の切りの良いレートのことです。「ユーロドル」や「ポンドドル」等の対円通貨以外では、1.250や1.3000、そして、1.0000等の切りの良いレートとなります。

これらのラインは、市場参加者のすべてが意識しており、注目すべきライン(ポイント)だといえます。むしろ、意識している人数でいうと、日足チャートの高値や安値よりも多く、強く意識されます

ではラウンドナンバーを意識しながら、レンジ相場で利益を狙うトレード手法の具体例をあげてみます。以下のチャートはドル円の1時間足チャートです。このチャート上の意識すべきラウンドナンバーは79.00と78.50です。そして79.00がレジスタンスになっています。今後、ドル円が下落すると78.50がサポートになることが予想されます。79.04など突出した価格をつけていますが、ラウンドナンバーの考え方をすれば、あくまでこれは79.00を意識した結果、生じた価格であり、これは高値とはせず、無視します。

ドル円の1時足チャート usdjpy1h.cart.jpg

レンジの内の上値、下限付近の価格を意識しながら、あまり欲張らず78.90-78.60を狙うべきレンジと定め、78.60付近で買い、78.90付近で戻り売り。このようにラウンドナンバーを意識しつつ、効率的にレンジ相場で利益を上げる方法もあるのです。為替相場には「タイ焼きの尻尾と尾っぽはくれてやれ」という有名な格言があります。ラウンドナンバーを戦略的に意識しながらも、実際のトレードでは欲張らず。この考え方も徹底したほうがいいでしょう。

ラウンドナンバーに引きつけてレンジトレード

また、ラウンドナンバーが強く意識された結果、そのラインを何度もトライしたにも関わらず、なかなか抜けることができずに、レンジの下限または上限になることも多々あるのです。

一方だけが強く意識されるため、仮にレンジ下限がラウンドナンバーであれば、上限がはっきりしないことも多いのですが、こういったレンジを見つけることができれば、そのラウンドナンバーに引きつけてのレンジトレードが可能になります。

図は、レンジ下限がラウンドナンバーになっている例です。基本的には、これまで紹介してきたレンジトレードと同じで、レンジ下限であるラウンドナンバーにレートが近づいてきたときに、見ているチャート、もしくは、ひとつ短い時間足のチャートを確認して、そこでダイバージェンス(オシレーターの逆行現象)を確認できれば、エントリーというかたちとなります。

ダイバージェンス(逆行現象)は、反転の売買のシグナルを表し、更にはトレンドの反転の可能性を示唆します。ダイバージェンスをもっと簡単に表現するならば、チャートは上昇(下落)トレンドなのに、テクニカル指標は下落(上昇)トレンドを描いている状態を指します。

レンジの下限または上限になり易い意識されるライン

では実際のチャートで見てみましょう。

ケ-ス例として、豪ドル円の60分足を見てください。過去のチャート上では100.00円か強く意識されて、そこがサポートの下限となっています。

この100.00円と言うのは、上記で説明したように強いラウンドナンバーです。そして、レートの下限では、ダイバージェンスがついているため、買いエントリーと判断することができます。

このようにラウンドナンバーとダイバージェンスの組合せを売買シグナルとし、売り買いの判断にすることもできるのです。今後、ラウンドナンバーに注意して、チャートを確認してみてください。

関連ページ

レンジ相場で利益を狙うには一定のテクニカル分析の知識が必要になりますが、FX会社が提供する注文方法を利用して利益を狙うことができます。私も愛用しているのがマネースクウエアジャパンのリピートイフダン注文です。
リピートイフダン注文とは

FX業界で最も早く経済指標結果が見れるサービス

外為どっとコムの情報サービスサイト「外為情報ナビ」の「経済フラッシュ」はFX業界で最も早く、経済指標発表の結果を入手することができます。他社のサービスはロイターやブルームバーグを見て、その業者の社員がその結果を手打ちするため、時間がかかってしまいます。外為どっとコムの経済フラッシュはロイターから自動配信されるため、為替ディーラーと同じスピードで結果発表の情報を入手できるのです。FX投資家の大きな武器になります。

※ 同サービスを利用するには口座開設が必要です。

FX初心者の方におすすめのFX業者-最強の組合せ

FX業者により強化しているサービスはさまざま。デイトレードをする初心者の方はスプレッドの狭いFX会社。外貨投資として中長期でFXをする投資家の方は、スワップの高いFX業者。FXで利益を上げるためには、有利なFX業者を選択する必要があります。多くのFX業者に口座開設をして、自分の目でサービスを確認しましょう。実はこれがFXで利益を上げる一番重要なことなのです。

低コストランキング

1位

DMMFX

DMMFX

スプレッド原則固定0.3銭など最強スプレッド。取引画面が操作しやすく初心者にもおすすめ。

2位

GMOクリック証券

スプレッド原則固定0.3銭。バイナリーオプション利用可能。

3位

YJFX!

千通貨、米ドル/円スプレッド0.3銭。バイナリー利用可能。

スワップランキング

1位

外為オンライン

外為オンライン

ドル円をはじめ高金利通貨も最強のスワップを提供。キャッシュバックキャンペーンがお得

2位

外為どっとコム

スワップのみ出金できるスワップ振替機能。豪ドル、ランドのスワップ抜群。

3位

セントラル短資FX

ポジションを決済せず、スワップをいつでも出金可能。シストレ利用可能

少額(千通貨)ランキング

1位

ヒロセ通商

ヒロセ通商

1000通貨から手数料無料。ドル円スプレッド0.4銭固定。バイナリーオプションもある

2位

SBI FXTrade

100円程度、1通貨から取引可能。千通貨のスプレッドは抜群に狭い

3位

マネーパートナーズ

千円、100通貨から取引可能。100%約定保証。格安の外貨両替サービスあり

このページのトップへ