FX New Rules

FXの初心者必見
FXで勝つための新ルール!

FX New Rules 1~20 - 新時代のFX -

今ならFX運用に役立つ
書籍とDVDの2つが
ダブルでもらえます!!

株式会社マネースクウェア・ジャパン

初心者でも勝てるFX

FXはちょっとした工夫で利益が変わる・・・
【通貨の特徴】 世界の通貨の特徴 FXで人気の注目通貨の取引ポイントを解説
【FX質問箱】FXに関するQ&A 元FX業者社員が皆さまの質問に答えます
ブログパーツ無料配布中

スプレッド固定で有利なFXをしよう

2011年頃からスプレッド競争は「狭さ」から「固定」に舞台が移りました。スプレッドは買値と売値の差のことで投資家にとってはコストのひとつ。狭いほうが有利。このところ顧客獲得のため、スプレッド競争が激化、米ドル円で「0銭台」からという会社も登場するなど、行き着くところまで行ってしまったという感じもありました。しかし、新たな動きが出始めています。

関連ページ

FXの唯一の取引コストがスプレッド。隠れた取引手数料とも言われています。
スプレッドとは

これまでのスプレッドは、「0銭から」という表示からもわかるように必ず0銭というわけではありません。市況によっては1銭、2銭ということもあって、投資家によってはわかりにくい状況になってしまいました。

そこで登場したのが、スプレッド固定性。相場の状況(市況)にかかわらず同じスプレッドが提供されます。「0銭から」と「1銭固定」の会社があった場合、どちらが有利かは一概には判断できませんが、安心感では固定性のほうが上かもしれません。

狭いスプレッドで人気のFX会社のスプレッド比較表

FX業者名 ドル円 ユーロ円 ユーロドル ポンド円 豪ドル円
GMOクリック証券 原則固定
0.3銭
原則固定
0.6銭
原則固定
0.5pips
原則固定
1.1銭
原則固定
0.7銭
YJFX! 0.3銭 0.7銭 0.6pips 1.2銭 0.8銭
FXトレーディングシステムズ 0.3銭 0.8銭~ 0.5pips 4.7銭~ 3.6銭~
DMMFX 0.3銭 0.7銭 0.6pips 1.2銭 0.8銭
ヒロセ通商 0.5銭~ 0.9銭~ 0.7pips 1.8銭 1.3銭

スプレッド固定で利益の最大化を目指す

一昔前は、FX業者間でも投資家の間でもスプレッド固定は怪しい、と言われていました。インターバンク市場のドル円のスプレッドが変動で1銭から2銭のときに固定スプレッド1銭でレート提示をしていましたから。なぜ当時、そのようなFX会社は、外国為替市場の常識を逸脱した固定スプレッドを提示できたのか?ここではコメントは差し控えますが、いろいろテクニックやカラクリがあったようです。

今でもこの「固定スプレッド」に関してはFX業者間で賛否両論ありますが、投資家の立場から考えると、非常にありがたい話です。ただし顧客資産を失うことがないよう、各FX会社には、FX業界の発展に寄与するよう健全な仲介業に徹してほしいと思います。

最後にスリッページに関しても触れておきたいと思います。FXの最大の魅力は、リアルタイムの相場で売買できること。しかし「今だ!」と思って注文しても、実際に約定した値段を見ると1銭、2銭の誤差が生じてしまうことも。

これはスリッページと言われるもの。少額ならまだしも、レバレッジをかけて高額取引をしている場合には、1銭、2銭の差も収益には大きな差が出てしまいます。そこで「どこまでならスリッページを許容できるか」という範囲を設定できるFX会社も多くあります。あまりスリップしないようにするためには、許容スリッページの範囲を狭く設定すればよいのですが、そうすると逆に「約定がしにくくなるのでは?」という心配が発生してしまいます。

その関係は口座を開設して実際に売買してみないとわかりません。スリッページの許容範囲を設定する代わりに、そもそもスリップしないことを前提に打ち出しているFX会社もありますので、これからはFX会社の選択条件のひとつとしてスリッページもチェックし、注意したほうがいいでしょう。

先ほどの固定スプレッドもそうですが、スリップしないサービスは世界中で日本のFX会社だけで、日本のFXは、提示レート、スプレッド環境に関しては、世界をリードする立場にあります。

この背景には、日本の個人投資家によるFX(外国為替証拠金取引)による取引数量が、世界の7割を占め、さらに口座数は約8割を占めています。さらに外国為替市場(東京時間)における日本の個人投資家の取引数量も6割を超えてきています。このように売り買いの注文量が多くなるということは、FX会社がカバー取引をする回数も減るため、収益増に伴う有利なスプレッド提示につながっているともいえます。すなわち、この有利な環境をつくっているのは、FX会社の努力もありますが、何より個人投資家の方々でもあるのです。

関連ページ

スプレッドの狭さと、スリッページ、約定拒否の関係とは?成行注文に注意しよう。
FXの成行注文とは?スリッページと約定拒否にご注意を