FX New Rules

FXの初心者必見
FXで勝つための新ルール!

FX New Rules 1~20 - 新時代のFX -

今ならFX運用に役立つ
書籍とDVDの2つが
ダブルでもらえます!!

株式会社マネースクウェア・ジャパン

初心者でも勝てるFX

FXはちょっとした工夫で利益が変わる・・・
【通貨の特徴】 世界の通貨の特徴 FXで人気の注目通貨の取引ポイントを解説
【FX質問箱】FXに関するQ&A 元FX業者社員が皆さまの質問に答えます
ブログパーツ無料配布中

実践!テクニカル分析 - ダマシを見抜くテクニカル集中講座(4)

移動平均線のようなトレント系指標は、トレントが形成されているときは有効ですが、もみあい状態のときは効果を発揮しません。そんなときに有効なのがオシレーター系の指標です。FX初心者の方でもわかりやすい代表的なテクニカル指標なのでしっかりマスターしましょう。

ストキャスティクスは2つの見方がある

実際にこのテクニカル指標を使う場合には、トレンド系、オシレーター系両方を組み合わせて使うケースが多いです。

オシレーター系の指標には以下のような特徴があります。

  • 一般的に、ローソク足チャートとは独立してサブチャートとして表示される。
  • 1~100の間で数値が変化する、あるいは0を中心にプラスマイナスとして表示される。
  • 売られすぎ、買われすぎの判断をする際に力を発揮する。

ここでは、代表的な2種類のオシレーター系のテクニカル指標を紹介します。

1つ目は「RSI」といわれるものです。買われすぎ、売られすぎの判断をする際には、RSIの数値が70~80以上であれば買われすぎ、20~30以下であれば売られすぎと判断します。

具体的には「ゾーンエグジット」という見方を使います。RSIが売られすぎのゾーンに入り、そこから出ていくときには「買い」、買われすぎのゾーンに入り、そこから出ていくときには「売り」と判断します。

2つ目は、RSIをさらに進化させた「ストキャスティクス」です。「%K」と「%D」という2本の線を利用して判断します。

ストキャスティクスでは主に2つの見方があります。1つは売られすぎゾーンで%Kと%Dがゴールデンクロスしたら「買い」、買われすぎゾーンでデッドクロスしたら「売り」と判断します。

もうひとつは「ダイバージェンス」という方法で、相場と指標が反対に動くことをいいます。ストキャスティクスの場合、%Dとチャートの向きが逆になったときに売買します。発生する頻度は低いですが、発生すれば売買が成功する確率が高くなるので、見逃さないようにしましょう。

ただし、ダイバージェンスは「相場のあや」のようなもので一時的なもの。発生してから、ローソク足で3本以内に利益を確定させるのが賢明でしょう。

代表的なオシレーター系指標の見方

RSI

RSI

関連ページ

オシレータ系の代表的なテクニカル指標であるRSIの基本を解説いたします。
RSIは「価格に方向性がないレンジ相場で力を発揮」

ストキャスティクス

ストキャスティクス

関連ページ

ストキャスティクスはオシレーター系テクニカル指標で最も人気があります。
ストキャスティクスは「%Dが80%以上、20%以下で反転の可能性が大きい」

管理人が教えるここがポイント

  • RSIは70~80以上が買われすぎ、20~30以下が売られすぎと判断
  • RSIはゾーンエグジットに注目して売買する
  • ストキャスティクスのダイバージェンスは売買成功率アップ

達人オリジナル!MT4専用の無料EAをプレゼント!【トレード成績を全公開中】

テクニカル分析をいくら学んでも儲けることができない!そのような方に朗報。元FX業者の管理人が抜群にいい成績残している自動売買ソフト(MT4専用EA)を無料でプレゼント。長年にわたり為替相場に携わってきた経験から勝てるテクニカル指標、パラメーターを厳選。お気軽にお申込下さい。

mt4_ea_0922.png