FX New Rules

FXの初心者必見
FXで勝つための新ルール!

FX New Rules 1~20 - 新時代のFX -

今ならFX運用に役立つ
書籍とDVDの2つが
ダブルでもらえます!!

株式会社マネースクウェア・ジャパン

初心者でも勝てるFX

FXはちょっとした工夫で利益が変わる・・・
【通貨の特徴】 世界の通貨の特徴 FXで人気の注目通貨の取引ポイントを解説
【FX質問箱】FXに関するQ&A 元FX業者社員が皆さまの質問に答えます
ブログパーツ無料配布中

スイス中央銀行の下限撤廃によるユーロスイス暴落の為替相場推移

ある程度大変動が予想できた英国EU離脱と違い、こちらのスイスショック(2015年1月15日)は本当に突然の出来事で、ごく一部の予測していた人以外のほとんどのトレーダーにとっては、寝耳に水だったはず。

スイス中央銀行の下限撤廃で起こったこと

1月15日の日本時間18時30分、スイス国立銀行がユーロ/スイスフランの下限である1.20を撤廃することを突如発表。一気に2000pips以上の大暴落となった上のチャートを見ればわかるとおり、週明けでもないのに大きな窓が開いているのは、途中でまったく値段がつかなかったから。

同じタイミングでスイスフラン/日本円は一時50円もの大暴騰に。ユーロ/スイスの買いポジションを保有していたFX投資家はわずか5分程度、一瞬で1万通貨に対して10万円を失ってしまった。10万通貨の場合だとマイナス100万円である。またこの事件をきっかけに、アルパリジャパンというFX会社が破綻している。

eurchf1023.jpg

ユーロスイス大暴落の背景

スイス国立銀行は、自国通貨がこれ以上高くならないよう、2011年の夏よりユーロイスフランが1.20より下がらないよう防衛していた。ユーロ/スフランが1.20に近づくと、スイスフラン売り、ユーロ買いの為、介入を繰り返すことで、このラインは守られていた。

こういった状況が3年半以上続いていたため、スイスフランの流動性は失われており、下落をさえぎる買いの指値注文はほぼ皆無の状態だったと思われる。

事件のポイント

事前の予想がほとんどない状態での爆弾発言的な発表だったので、スイスフランが絡んだ通貨ペアはすさまじい値動きに。

さらに、スイスフランはそれほど人気の通貨だったわけではなく、さらにユーロ/スイスフランにいたっては、ほとんど完全にレートが固定されていたため、突然のニュースを起点とする急変動に拍車がかかった。

FX投資家には忘れられない歴史的な大事件。そのとき為替は動いた。

FX業界で最も豊富な為替情報を入手でき、最も早く経済指標結果が見れるサービス

外為どっとコムの情報サービスサイト「外為情報ナビ」の「経済フラッシュ」はFX業界で最も早く、経済指標発表の結果を入手することがで、圧倒的な為替情報、予想レポートを無料閲覧できます。他社のサービスはロイターやブルームバーグを見て、その業者の社員がその結果を手打ちするため、時間がかかってしまいます。外為どっとコムの経済フラッシュはロイターから自動配信されるため、為替ディーラーと同じスピードで結果発表の情報を入手できるのです。FX投資家の大きな武器になります。

※ 同サービスを利用するには口座開設が必要です。

関連ページ

テクニカル分析は最も重要だが中長期で為替相場を予想するのであれば、ファンダメンタルズ分析も欠かせない。
実践で使えるファンダメンタルズ分析(1)~(4)