FX New Rules

FXの初心者必見
FXで勝つための新ルール!

FX New Rules 1~20 - 新時代のFX -

今ならFX運用に役立つ
書籍とDVDの2つが
ダブルでもらえます!!

株式会社マネースクウェア・ジャパン

初心者でも勝てるFX

FXはちょっとした工夫で利益が変わる・・・
【通貨の特徴】 世界の通貨の特徴 FXで人気の注目通貨の取引ポイントを解説
【FX質問箱】FXに関するQ&A 元FX業者社員が皆さまの質問に答えます
ブログパーツ無料配布中

サブプライム問題後の為替相場の推移

米国発のサブプライム問題以降、世界では経済、金融の常識をひっくりかえすような歴史的な出来事がおこっています。FXの舞台となる為替相場にもその影響はでています。ながくFXをするうえで、これらの影響を覚えておくことは非常に大きな経験になります。"そのとき為替は動いた"どっかの放送局の番組みたいですが・・・為替相場の推移を出来事別に紹介します。

東日本大震災後の為替相場 2011年3月11日~19日

2011年3月11日金曜日14時46分、三陸沖を震源とするマグニチュード9.0の巨大地震が発生した。直後に襲ってきた巨大な津波によって、東北地方太平洋沿岸部は甚大な被害を受けた。それに加え、福島第一原子力発電所で事故が発生、水素爆発や放射能漏れが明らかになった。

日本が大災害に見舞われたことで、「日本円か売られる」と考えたトレーダーは多かった。地震発生直後、日本円は売られたが、その流れは長続きせず、ニューヨーク外国為替市場が動き始めると、ドル安円高の方向に切り返す。

週明けの月曜日は、円高方向に窓を空けて為替相場は始まった。チャートを見るとわかるように空いた窓を埋めると、緩やかに円高方向に為替は動いていきつつも、1ドル=82円~81円台で推移する。

しかし、2011年3月17日未明に1米ドル=80円を割り込むと、1995年4月に記録した1973年の変動相場制導入後の最安値79・75円か意識されるようになる。

そして同日の午前5時30分すぎに、79.75円をあっさりブレイクすると、午前6時過ぎには米ドル日本円は、買いポジションのストップロスを巻き込みながら一気に円高が加速した。

78円台に突入したがと思えば、あっという間に76円台に突入、一気に3.5円も安値を更新しか。その猛烈な下げは76.25円までいくことになる。

1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災後も、為替相場は円高に進んでおり、今回も結果として同じような相場の動きになったことは、今後の参考になるかもしれない。

また、日本が大震災のニュースで一色になるなか、国際社会ではリビア内戦やギリシャ、スペイン、ポルトガルなどの欧州諸国の信用不安も大きな注目を集めていたことも、円買い材料になったとも言われている。

ドル日本円の大暴落のあとは自律反発したため、約3時間後には暴落前の水準まで戻っている。暴落後に大きく反発するのは、為替相場の大きな特徴だが、この反発局面で大きく利益を上げたFXトレーダーも少なくなかった。

翌日の18日、G7(先進7力国)による10年半ぶりとなる協調介入が実施された。これにより79円台で推移していたドル日本円は、81円台半まで急騰した。のちに財務省が発表した介入額は6,000億円規模と大きくはなかったが、G7による協調介入が市場にインパクトを与え、円高抑止に大きな効果を上げた。

過去に行われた協調介人後の為替相場の動きを見ると、協調介入が相場の転換点になり、相場の潮目が変わることが多い。このときは円売り介入が行われたので、2011年は円安方向に相場が推移する可能性が高いといえる。

東日本大震災後の主な出来事と価格推移

地震直後は円売りが進んだが、NY外国為替市場では、東日本地震による円需要の見込み買いが入り、米ドル/日本円は大幅下落

東日本大震災後の主な出来事と価格推移

日付 出来事
2011/3/11 14:46 東日本大震災発生。福島原子力発電所で大規模な原子力事故発生
2011/3/12 日銀が過去最大の資金供給オペを実施。リスク資産を中心に資産買い入れ等基金による買入れ規模をこれまでの5兆円に、さらに5兆円増額することを決定 [円安要因]
2011/3/15 11:00 福島第一原発の半径30㎞以内の住人に屋内退去指示
22:31 静岡県富士宮市で震度6強の地震発生
2011/3/17
  • ドル円が市場最安値76.25円に
  • 国連安保理事会がリビアに対する軍事介入を容認する決議を採択
2011/3/18 9:00 G7が円売りの協調介入実施。ドル円が79.16円から81.45円に急伸

FX業界で最も豊富な為替情報を入手でき、最も早く経済指標結果が見れるサービス

外為どっとコムの情報サービスサイト「外為情報ナビ」の「経済フラッシュ」はFX業界で最も早く、経済指標発表の結果を入手することがで、圧倒的な為替情報、予想レポートを無料閲覧できます。他社のサービスはロイターやブルームバーグを見て、その業者の社員がその結果を手打ちするため、時間がかかってしまいます。外為どっとコムの経済フラッシュはロイターから自動配信されるため、為替ディーラーと同じスピードで結果発表の情報を入手できるのです。FX投資家の大きな武器になります。

※ 同サービスを利用するには口座開設が必要です。

関連ページ

テクニカル分析は最も重要だが中長期で為替相場を予想するのであれば、ファンダメンタルズ分析も欠かせない。
実践で使えるファンダメンタルズ分析(1)~(4)

このページのトップへ