FX New Rules

FXの初心者必見
FXで勝つための新ルール!

FX New Rules 1~20 - 新時代のFX -

今ならFX運用に役立つ
書籍とDVDの2つが
ダブルでもらえます!!

株式会社マネースクウェア・ジャパン

初心者でも勝てるFX

FXはちょっとした工夫で利益が変わる・・・
【通貨の特徴】 世界の通貨の特徴 FXで人気の注目通貨の取引ポイントを解説
【FX質問箱】FXに関するQ&A 元FX業者社員が皆さまの質問に答えます
ブログパーツ無料配布中

イギリスのEU離脱が決まった国民投票当日のポンド円の為替相場推移

2016年6月24日(金)に発生したイギリスのEU離脱国民投票時の大暴落は、多くのFX投資家はハッキリ覚えているだろう。日本時間の昼過ぎ、投票の趨勢が残留から離脱に傾くと同時に下落の勢いが強くなり、渦中の英ポンド/日本円は約27円もの大暴落となった。

イギリスのEU離脱が決まった国民投票時に起こったこと

そんな状況で投票日を迎えたわけだが、午前中の早い時間帯ではまだ残留の雰囲気は変わらず、英ポンド/日本円は高値を更新していた。が、正午が近づくあたりで、開票の結果が次第に離脱派に傾くのと同時に英ポンドが売られ始める。

急落後に、145円付近で2度下落は阻まれたが。3度目のトライでブレイクして、130円台に突入。また、この日のすべてのFX会社は、極端にスプレッドを広げての営業となった。

gbpjpy1023.jpg

ポンド円大暴落の背景

もともと投票前には残留のムードが強く、さらに国民投票直前の調査でも残留派が過半数を超えていた2014年のスコットランド独立の国民投票でも、結局は残留派が勝利しており、「最終的には元に戻るだろう」という見方が多数を占めていた。

日本国内では各FX会社や銀行などが、投票日の為替急変動を繰り返し警告しており、この日に何らかの事件が起きるかもしれない、というムードは業界全体に漂っていた。

事件のポイント

直前までの残留ムードが一転、短時間で離脱が確定的になったことで、ポンドが売りに売られ、英ポンド/日本円など関連通貨ペアはすべて暴落。歴史に残る一日となった。

ただし、この日に大変動か起こることはあらかじめ予想されており、トレーダー間でもある程度その情報は共有されていたため、スイスショックほどの被害は起きなかったと思われる。

FX投資家には忘れられない歴史的な大事件。そのとき為替は動いた。

FX業界で最も豊富な為替情報を入手でき、最も早く経済指標結果が見れるサービス

外為どっとコムの情報サービスサイト「外為情報ナビ」の「経済フラッシュ」はFX業界で最も早く、経済指標発表の結果を入手することがで、圧倒的な為替情報、予想レポートを無料閲覧できます。他社のサービスはロイターやブルームバーグを見て、その業者の社員がその結果を手打ちするため、時間がかかってしまいます。外為どっとコムの経済フラッシュはロイターから自動配信されるため、為替ディーラーと同じスピードで結果発表の情報を入手できるのです。FX投資家の大きな武器になります。

※ 同サービスを利用するには口座開設が必要です。

関連ページ

テクニカル分析は最も重要だが中長期で為替相場を予想するのであれば、ファンダメンタルズ分析も欠かせない。
実践で使えるファンダメンタルズ分析(1)~(4)