FX New Rules

FXの初心者必見
FXで勝つための新ルール!

FX New Rules 1~20 - 新時代のFX -

今ならFX運用に役立つ
書籍とDVDの2つが
ダブルでもらえます!!

株式会社マネースクウェア・ジャパン

初心者でも勝てるFX

FXはちょっとした工夫で利益が変わる・・・
【通貨の特徴】 世界の通貨の特徴 FXで人気の注目通貨の取引ポイントを解説
【FX質問箱】FXに関するQ&A 元FX業者社員が皆さまの質問に答えます
ブログパーツ無料配布中

成行注文

成行注文とは、すぐ注文を出したいときに使う注文方法で、その時点で、提示されている為替レートで約定(やくじょう)することができます。成行注文は、新規・決済ともに使える注文方法です。

注文方法の中でも最も使う機会が多い注文方法です。ただし、この成行注文には注意が必要です。

実際、FX業者の取引画面で買える値段が105.07円売れる値段が105.05円で提示されていたとします。しかし、実際、成行注文を発注(はっちゅう)し、約定してみると約定レートがずれていたりし、思わぬ損失が発生したりします。

売 105.05 / 買 105.07

これをスリッページといいます。このスリッページは、実際FX業者に口座開設をし、しっかり提示レートで約定するかを見てみないとわかりませんので注意が必要。もし、このスリッページが絶対嫌なら、スリッページなし、を売りにしているFX業者もあるので、このような会社を利用したほうがいいかもしれません。

スリッページなし、約定拒否(リジェクト)なしのマネーパートナーズFX

スリッページなし、約定拒否(リジェクト)なしのマネーパートナーズFX

関連ページ

FX投資家にマネパの愛称で親しまれているFX業者。スプレッド0.5銭固定、リジェクト(約定拒否)なし、100%約定でスキャルピングにも最適なFX業者。
マネーパートナーズのスプレッドなどサービス内容を見る

約定拒否(リジェクト)にご注意を

また成行注文を発注しても約定(やくじょう)しない場合があります。為替相場が急変動しているときや、ニューヨーククローズ付近など、極端に流動性が低下している場合に、約定拒否は多くなります。

この約定拒否リジェクトとも言われます。

注文した際の為替レートと、FX業者のサーバーにその通信が到達した時のレートに異差が生じおり、FX業者が損をする可能性がある。このような場合に限り、FX業者はその注文を約定拒否(リジェクト)するのです。これはFX業者のシステム上の都合と考えればわかりやすいと思います。

昔は、人がそのレートを操作していましたが、現在では、ほとんどのFX業者がシステムで自動的にレートチェックを行っているため、不正なレート操作はほとんどないので安心していいと思います。

スリッページで思いもしない為替レートで約定されるよりは、約定拒否をしてくれるFX業者のほうが良心的であるともいえます。

【関連解説】

ロング(Long)

買いのポジションを持っている状態

ショート(Sort)

売りのポジションを持っている状態

発注(はっちゅう)

注文を出すこと

約定(やくじょう)

注文がとおり、成立すること

約定拒否(やくじょうきょひ)

成行注文を発注しても約定せず、拒否させる現象のこと

スリッページ

提示レートと実際の約定レートが異なること

リミット注文

利益確定のための指値注文のこと

ストップロス

損失確定のための逆指値注文のこと

ワーキングオーダー

すでに発注され、待機中の注文のこと