FX New Rules

FXの初心者必見
FXで勝つための新ルール!

FX New Rules 1~20 - 新時代のFX -

今ならFX運用に役立つ
書籍とDVDの2つが
ダブルでもらえます!!

株式会社マネースクウェア・ジャパン

初心者でも勝てるFX

FXはちょっとした工夫で利益が変わる・・・
【通貨の特徴】 世界の通貨の特徴 FXで人気の注目通貨の取引ポイントを解説
【FX質問箱】FXに関するQ&A 元FX業者社員が皆さまの質問に答えます
ブログパーツ無料配布中

アメリカの主な経済指標

アメリカ-新規住宅建設(許可件数・着工件数)(Building Permits, Housing start)

作成元 商務省センサス局(http://www.census.gov/
発表時期 翌月の12営業日後、8時30分発表。
データ期間 許可件数は1960年以降、着工件数は1959年以降の月次データ。

新規住宅建設は、5つの建設段階(①許可、②許可はあるが未着工、③着工開始、④建設中、⑤完成)に関し、季節調整済み年率換算の件数を発表する統計である。この統計には、ホテルや学生寮、プレハブ住宅は含まれない。

2002年のデータによれば、許可から着工開始までの平均期間は、一戸建て住宅が0. 7 ヵ月、集合住宅が1.4ヵ月である。また、着工開始から完成まで、の平均期間は一戸建て住宅が6. 1ヵ月(3ヵ月以内が全体の21%、4~6ヵ月が50%、7~9ヵ月が17%、10~12ヵ月が5%)、集合住宅が9.9ヵ月(3ヵ月以内が全体の5%、4~6ヵ月が20%、7~9ヵ月が32%、10~12ヵ月が20%)である。

住宅許可件数は、建設許可発行所より毎月提出される報告(対象は全米19, 000事務所のうち8,500事務所)を利用する。データが入手できなかった地区は、毎月実施する『許可の利用調査』(900地区を対象にしたサンプル調査)または推計値(全国平均と同じ伸びと仮定)を利用する。

住宅許可件数以外のデータは、『許可の利用調査』を基本的に利用し、許可を必要としない地区(新規住宅建設全体の3%以下)は、3ヵ月に一度されるサンプル調査を実施する。なお、1992年9月以降は、住宅着工件数に「全面的な建替え住宅」を含めた。

新規住宅着工件数は、米国経済が減速したにもかかわらず2001年は160万件、2002年には170万件と高水準で推移した。これは、長期金利が歴史的に低水準となった影響が大きい。他方、1990年代を通じて、米国では南部、西部を中心に住宅着工件数が上昇した。新規住宅着工件数が長期的に増加した理由として、住宅融資制度の充実とともに人口の増加が影響したと考えられる。

関連ページ

中長期で為替相場を予想するのであれば、ファンダメンタルズ分析も欠かせない。トレードに役立つ実践的なファンダメンタルズ分析をご紹介。
実践で使えるファンダメンタルズ分析(1)~(4)