FX New Rules

FXの初心者必見
FXで勝つための新ルール!

FX New Rules 1~20 - 新時代のFX -

今ならFX運用に役立つ
書籍とDVDの2つが
ダブルでもらえます!!

株式会社マネースクウェア・ジャパン

初心者でも勝てるFX

FXはちょっとした工夫で利益が変わる・・・
【通貨の特徴】 世界の通貨の特徴 FXで人気の注目通貨の取引ポイントを解説
【FX質問箱】FXに関するQ&A 元FX業者社員が皆さまの質問に答えます
ブログパーツ無料配布中

FXの達人がお届け!2016年の為替相場の見通しと予想

2015年12月のFOMCでアメリカは9年半ぶりに利上げを行い、実質ゼロ金利を解除した。アメリカの利上げのタイミングは、過去2年以上にわたり為替相場のテーマだったため、ここでいったんガス抜きとなり、次に定まるテーマによりアメリカドル(米ドル)が買われるか、売られるかが決まってくることになる。

2016年前半のテーマはユーロの金融緩和、後半は・・・

ちなみに昨年2015年のドル円の為替レートの年間変動幅は、変動相場制移行後、最小値幅にとどまっており、方向感に欠けた地合いが続いていた。この原因は、4年前から始ったアベノミクスによる日銀金融緩和がさらに拡大するのか、縮小にむかうのかマーケット参加者が読みにくく、日本円は対ドルで買われるのか(ドル円は下落)、売られるのか(ドル円は上昇)、見通しが立ちにくかったことによる。

また昨年2015年12月のアメリカの利上げ決定後、ドル円は123-124円から、年末にかけ120円に急落した。つまりドル円に関しては、次の売り買いのテーマを探る、マーケット参加者の判断がつかない状態になっていることを意味する。

ドル円が昨年の高値125円を抜け、130円も更に上抜けてもう一段高い上昇トレンドを描くには、アメリカの利上げが継続的に行われていく根拠となる雇用統計、インフレ率などの重要経済指標が底堅く推移する。一方、日銀による金融緩和が拡大の見通しがある、この2つがそろっていることが必要になるだろう。

アメリカ、日本でこの2つの条件がそろうのは、難しいように感じる。結果、今年2016年のドル円は昨年2015年と同じように年前半は115円から125円、後半から125円から135円の値幅で推移、つまり2段階にわかれ、大きなレンジ相場を描くことになるだろう。

worldeco2.png

2016年のドル円の為替レート推移予想をまとめると・・・

  1. 米国は利上げを行っていくが、日本の金融緩和の更なる拡大は難しい
  2. 2016年の前半はレンジ相場を形成(115-125円)
  3. 米国の更なる利上げ期待によりレンジ相場が切り上がる(125-135円)

関連ページ

レンジ相場の攻略は、ドル円で利益を上げていくうえでは基本になります。年間の1時間足の80%は2円幅のレンジで収まる傾向にあります。
レンジ相場の攻略法

アメリカは2016年、年3回から4回の政策金利を行うという見方が大方の予測となっており、アメリカドルは主要通貨に対して買われてくることは間違いない。日本円に対してアメリカドルは大幅に買われることはないものの、ユーロに対しては大幅に買われてくることが予想される。

いち早くデフレ克服のための金融緩和から抜け出したアメリカを除くと、ユーロ、日本ともに、いまだにデフレからの脱却を目指して金融緩和を継続する見込みとなっている。日本は、デフレ脱却の兆しが見えてきているため、さらなる金融緩和拡大の方針が不明確だが、ユーロの足元の経済指標は弱く、さらにデフレが進行する様相を見せている。EUの欧州委員会は、2015年11月、2016年の実質成長率を小幅に下方修正し、消費者物価上昇率の見通しは同0.5ポイント低い1.0%へ大きく引き下げた。

ECBもこれを受け、ユーロ安容認、金融緩和拡大の支持を明確化している。つまりユーロドルは、ユーロ安・ドル高、ユーロドルは下落となる。1.00を下抜けする値動きになることが強く予想される。

2016年の為替相場予測には、これまで以上にアメリカの重要経済指標、政策金利の動向に注目する、同時にEU(ユーロ)の中央銀行(ECB)の要人発言、政策金利動向にも注意する必要がある。

私たちFX投資家は、昨年以上に為替情報を入手しやすい環境を整える。トレード戦略として、ドル円ではレンジ相場で利益を狙う、ユーロドルではショートポジション(売り持ち)をとり、下落トレンドで大きな利益を狙う。

これらを満たしたうえで、じっくりと為替相場と向き合い、勝負していきたいものである。

2016年はこのキーパーソンの発言にも注意しよう!

経済指標だけでなく相場に影響力のある人物(キーパーソン)にも注目して、その発言内容や動向(議会証言、記者会見、コメント)には常に気を付けておきます。たとえば、

  • 米国大統領
  • 米財務長官
  • FRB(米国連邦準備制度理事会)議長
  • ECB(欧州中央銀行)総裁
  • 日銀総裁

などです。

アメリカ、ユーロ、日本の金融政策に権限や影響力を持つ政治家の「政策金利の動向」「金融政策の動向」に関する発言によって為替相場が大きく変動させる人がキーパーソンになります。また、本人でなくとも新聞記者など第三者に話をさせて、市場の反応を見るという手もあります。その誰かが特定できれば、キーパーソンの本音の一端を知ることもできます。

政治、経済ニュースに注意を払い、その時々のキーワードやキーパーソンを押さえておくと、相場が動いた要因や参加者の心理をより理解しやすくなります。

経済指標を一番早く入手できる!

初心者の方は、とにかく経済指標結果や為替情報、予想レポートなどが豊富なFX会社を選びましょう。特におすすめのFX会社がFXプライム byGMOです。全てのFX投資家が豊富な為替情報を求めて口座を持っています。

《FXプライム byGMOのここがおすすめ!》

  • 情報、レポートの豊富さNO1!会員になると無料で利用可能
  • 注文を出すとき、レバレッジを予め指定できるから解りやすい
  • 1,000通貨から取引が可能だから、コツコツ取引できる
  • 予想機能搭載のテクニカルチャートがある

詳細ページへ

関連ページ

リアルタイムの為替情報や予想レポートは多く読むにこしたことはありません。会員になるだけで優良な為替情報を無料で見れるFX会社も多いので、口座は複数持つことをお勧めします。
豊富な為替情報ランキングはこちら

FX初心者の方におすすめのFX業者-最強の組合せ

FX業者により強化しているサービスはさまざま。デイトレードをする初心者の方はスプレッドの狭いFX会社。外貨投資として中長期でFXをする投資家の方は、スワップの高いFX業者。FXで利益を上げるためには、有利なFX業者を選択する必要があります。多くのFX業者に口座開設をして、自分の目でサービスを確認しましょう。実はこれがFXで利益を上げる一番重要なことなのです。

低コストランキング

1位

DMMFX

DMMFX

スプレッド原則固定0.3銭など最強スプレッド。取引画面が操作しやすく初心者にもおすすめ。

2位

GMOクリック証券

スプレッド原則固定0.3銭。バイナリーオプション利用可能。

3位

YJFX!

千通貨、ドル円スプレッド0.3銭。バイナリー利用可能。

スワップランキング

1位

外為オンライン

外為オンライン

ドル円をはじめ高金利通貨も最強のスワップを提供。キャッシュバックキャンペーンがお得

2位

外為どっとコム

スワップのみ出金できるスワップ振替機能。豪ドル、ランドのスワップ抜群。

3位

セントラル短資FX

ポジションを決済せず、スワップをいつでも出金可能。シストレ利用可能

少額(千通貨)ランキング

1位

ヒロセ通商

ヒロセ通商

1000通貨から手数料無料。ドル円スプレッド0.4銭固定。バイナリーオプションもある

2位

SBI FXTrade

100円程度、1通貨から取引可能。千通貨のスプレッドは抜群に狭い

3位

マネーパートナーズ

千円、100通貨から取引可能。100%約定保証。格安の外貨両替サービスあり