FX New Rules

FXの初心者必見
FXで勝つための新ルール!

FX New Rules 1~20 - 新時代のFX -

今ならFX運用に役立つ
書籍とDVDの2つが
ダブルでもらえます!!

株式会社マネースクウェア・ジャパン

初心者でも勝てるFX

FXはちょっとした工夫で利益が変わる・・・
【通貨の特徴】 世界の通貨の特徴 FXで人気の注目通貨の取引ポイントを解説
【FX質問箱】FXに関するQ&A 元FX業者社員が皆さまの質問に答えます
ブログパーツ無料配布中

FXにはさまざまなリスクがある

リスク管理という観点から考えますと、FXにはチェックすべき重要事項がほかにもいろいろあります。

FXは、FX業者が個々に提供する独自の商品で、顧客と取引事業者との相対取引です。証券取引所や商品取引所で売買される取引所取引とは異なり、取引事業者によって個別に取引ルールが決められているのです。したがって、各社の商品内容や取引方法、ロスカットスキームなどを十分に理解したうえで取引に参加することが重要です。

以下に掲げる重要事項は、これからFXを始める投資家やすでに取引を行っている投資家が、十分に認識しておかなければならないものです。

価格変動リスク

FXは、為替レートスワップポイントの変動にともない損益が生じます。当たり前の話ですが、期待通りに相場が動けば利益が上がる反面、思惑とは逆に相場が動けば損失が発生します。決して元本や収益が保証される取引ではありません。世界的に金利水準は低下傾向にあり、元本保証で高利回りの商品などないと考えるべきです。まして「絶対に儲かる」という話はありえません。

とりわけ外国為替の取引では、為替変動リスクは避けられないものと考えるべきです。外貨を買う場合、円よりはるかに高い各国通貨の金利水準が取引開始にあたっての動機になることが多いようですが、いくら高金利の通貨でも対円の為替レートが下落してしまえば金利分の利益など簡単に吹き飛んでしまいます。

システム・リスク

インターネットを経由するFXは、プロバイダーの回線状況、取引事業者のシステムの保守管理、セキュリティやデータ管理などにおけるリスクがともないます。前述したように、自分のパソコンの故障や自宅の停電なども、こうしたシステム・リスクの1つです。たとえ大手証券会社や銀行系の取引事業者であっても、システム上のトラブルが起こる可能性は常にありますので、トラブルが起こった際の対応策を投資家自らが考えておく必要があります。

スキーム・リスク

FX(店頭FX)は、取引所取引ではないので、取引ルールは取引事業者ごとに異なります。取引時間、注文方法、取引形態、取引通貨、為替レート、取引手数料スプレッドなど、個別の内容について1つ1つ確認しておくことが肝心です。

情報リスク

FXでは、各種の情報提供についても取引事業者に依存することが多いのです。為替レートやスワップポイントその他の相場情報については、投資家自身で慎重に判断する必要があります。その取引事業者が提供している情報が実際のマーケットの情報とかけ離れていないかどうかは、他の取引事業者と比較してみれば、その正否がおおむねわかるものです。

信用リスク

取引事業者の信用・財務状況が悪化すれば、投資家が損害を被る可能性があることについてはすでに指摘しました。それだけに取引事業者は慎重に選ぶ必要があるわけですが、その際には、直接取引を行う事業者のバック・グラウンドにも目配りしておくべきです。

FXの取引事業者の背後には、対顧客との為替取引をヘッジする事業者(国内外の銀行・証券会社などでカバー先金融機関と言われています)が必ず控えています。

その事業者のバック・グラウンドにやはり同業のFX業者が控えているのであれば、その事業者の信用リスクも考慮しなければなりません。逆に言えば、顧客が取引する事業者の社会的・財務的信用は、その背景にある事業者の社会的・財務的信用に裏打ちされているのです。

なかには大手外資系銀行がバックについている取引事業者もあります。このような事業者は、大手外資系銀行が取引するに値すると判断を下している事業者です。また、複数の銀行がバックについているということは、そこに競争原理が働きますから、その事業者が顧客に提示する各種レートも、比較的良いレートである可能性が高まります。

このように取引事業者の選定にあたっては、その事業者のみならず、そのバック・グラウンドについても慎重に確認すべきです。その事業者は「カバー先金融機関」と言われており、FX業者に口座開設する際の約款または同意書内に記載されています。

関連ページ

元FX業者の視点から、間違いないだろうFX会社の選び方、目的別に適したFX会社をピンポイントでご紹介いたします。
人気のFXサービスを比較「FX業者選びの王道」