FX New Rules

FXの初心者必見
FXで勝つための新ルール!

FX New Rules 1~20 - 新時代のFX -

今ならFX運用に役立つ
書籍とDVDの2つが
ダブルでもらえます!!

株式会社マネースクウェア・ジャパン

初心者でも勝てるFX

FXはちょっとした工夫で利益が変わる・・・
【通貨の特徴】 世界の通貨の特徴 FXで人気の注目通貨の取引ポイントを解説
【FX質問箱】FXに関するQ&A 元FX業者社員が皆さまの質問に答えます
ブログパーツ無料配布中

英ポンド(GBP) デイトレーダーに人気のかつての基軸通貨

値動きが激しく中・上級者向きの通貨

ポンド

英国ポンド(GBP)は、他の通貨に比べて値動きが激しいものの、かつては金利が5%程度と高かったため、スワップポイント狙いの投資家も多かったが、度重なる利下げによって現在の金利は0.5%まで下がり、高金利としての魅力はなくなっている。

アメリカ経済の影響を受けにくく、米ドルとは反対の動きをすることが多い。大きな値動きを利用して、短期的に為替差益を狙う投資家が多いため、初心者にはあまりおすすめとはいえない。FXにある程度慣れてからチャレンジしたい通貨だ。短期的売買が多いため、取引量は比較的多く、「くりっく365」のデータを見ても、ユーロを超える水準となっている。

関連ページ

FXの通貨ペアの意味、選び方、ユーロドルなど外貨クロスの通貨ペアの見方をご紹介いたします。
通貨ペアの意味と見方

FXにおけるポンド(GBP)の特徴

  1. 情報が豊富なため取引がしやすい
  2. ポンド円ではなく、ポンドドルにまず注目すべき
  3. テクニカルはあまり効かず、投機的な値動きが大きい
  4. ポンドドルは一定の流動性があり、スプレッドも安定

経済指標と発表時期

GDP 3月(第1四半期)、6月第2四半期)、9月(第3四半期)、12月(第4四半期)
民間設備投資 3月(第4四半期)、6月第2四半期)、9月(第3四半期)、12月(第4四半期)
貿易収支 毎月10日前後(前々月分)
小売り売上高 毎月20日前後(前月分)
雇用統計 毎月第2もしくは第3水曜日(前月分)
製造業生産指致 毎月10日前後(前々月分)
鉱工業生産指致 毎月10日前後(前々月分)
BOE(イングランド銀行)
政策金利発表
毎月第1木曜日

ポンド円で勝つためのコツ

ポンド円(GBP/JPY)は英国ポンドと円の組合せの通貨ペアです。このポンド円、実はポンド/米ドル、米ドル/円を掛け算してポンド円の為替レートがFX会社により提示されています。ですからポンド円を取引する場合は、ポンド/米ドルと米ドル/日本円の2つの通貨ペアの価格推移を見ておく必要があります。

ポンド円はインターバンク市場には存在しません。ですから取引量がなく、流動性は小さいため値動きが荒くなります。また1ポンドが約120円位であるため、1%動けば1.2円の変動幅、ドル円の場合は80円位なので0.8円(80銭)となります。ポンド円の値動きが荒く見えるのはこういう背景もあることを覚えておきましょう。

ポンド円の週足チャート(価格推移)

ポンド円の週足チャート(価格推移)

ポンド円のおすすめ投資スタイル

デイトレード派:○ トレンド追従派:◎ スワップ派:○

関連ページ

FXの通貨ペアの選び方、ユーロドルなど外貨クロスの通貨ペアの見方をご紹介いたします。
通貨ペア選びのポイントはドルストレートの為替レートを見ること