TOP » “為替相場”アーカイブ

“為替相場”の最近のブログ記事

今にもアメリカと韓国、北朝鮮の間で第二次朝鮮戦争が今にも勃発しそうである。為替相場では地政学リスクの高まりもあり、円高がすすんでいる。 従来の地政学リスクの高まり=円高。これは朝鮮戦争でもあてはまるのか。FX投資家にとって非常に重要なこの点を考えてみたい。
本日、中国の製造業PMIが前月比で低下したことをきっかけに、前週末から円売りポジションを膨らませていた投機筋がいっせいに手仕舞いに動いたようだ。ドル円は99.30から98.50まで一気に売り込まれた。 ドル円が100円を回復するには、日本の量的緩和に関する材料も出尽くし感があるため、良好な米経済指標が欠かせないだろう。マーケットでは、米国の景気回復とともにQE3が縮小されるという観測が下火になりつつある。今後、米国の景気回復期待が高まったところで100円上抜けというのが自然のシナリオだろう。今週発表される米国のGDPについては強い結果が織り込まれているので、織り込み度合いが少なくてサプライズになるという点では4月米雇用統計まで待つ必要がありそうだ。 中長期的にはドル円は上だろうが、今現在は踊り場で、深い調整がはいるだろう。下は97.50、次は95円を見ておくべきかもしれない。 また、急激な
12月16日、自民党が与党にかえりざいたとたん、アベノミクスという言葉が世の中に出てきた。マーケットは敏感に反応し、株高・円安基調が続いている。念のためアベノミクスをおさらいしておこう。アベノミクスとは自民党総裁・安倍晋三が構想する経済政策で、安倍+「エコノミクス」をプラスしてつくられた造語。 デフレと円高からの脱却、名目3パーセント以上の経済成長の達成を主な政策とし、これを実現するための強気な経済政策案がすすめていくというもの。
本日の為替相場は、昨日の欧州時間に報じられたソフトバンクによる米通信大手企業の買収に絡んだ円売りへの思惑があるために、ドル円やクロス円通貨は底堅い値動きを続けると期待される。
本日の為替相場は、格付け機関のS&Pがスペインの格付けを2ノッチ引き下げてジャンク級の一歩手前のランクとしたことからユーロが軟調展開での取引開始となっており、これが発端となって再びリスク・オフへの意識の強い流れになることが懸念される。
本日の為替相場は、日米が休場となるために全般的に取り組みの薄い市場となり、基本的には模様眺め気分の強い展開になると思われる。ただし、アジア時間には休場明けとなる中国で景気指標の発表が控えているので、この数字に市場が反応して急速に変化する地合になる可能性をはらんでいる点に十分注意したい。
本日の外国為替市場は、スペインの支援要請に対する思惑が交錯してユーロが不安定な値動きを繰り返し、その影響を受けて市場全般的に波乱含みの展開になることが警戒される。仮に強い数字となった場合には、週末の雇用統計での好結果に期待感が膨らむ上に、意外と底堅い景況感に加えて無期限の流動性供給が実施される事になる点から『過剰流動性相場』が形成される事への期待感が膨らむとも考えられ主要通貨の上昇が強まる可能性もある点にも注目したい。
本日の外国為替市場は、スペインのストレステストの結果がほぼ予想の範囲内であったことから、欧州に対する懸念がやや払拭されたとのリスク一服感が市場を占めているため、再び材料探しの雰囲気を強めて各通貨が不安定な上下を繰り返す展開になるとことが予想される。
本日の外国為替市場は、アメリカ株式の動向を受けてアジア株式市場が軟調な動きになると、更にリスク・オフへの意識の強い展開となり、米ドル、ユーロなど主要通貨に対し、クロス円通貨が頭の重たい値動きになることが予想される。
本日の為替相場は、世界的な景況感の悪化を懸念する動きが続き、主要通貨やクロス円通貨は頭の重たい値動きを継続すると考えられる。 昨日ユーロ下落のきっかけとなった独の景況感指数の発表が本日も予定されており、その結果に注目が集まっているほか、米国の景況感指数の結果も意識されると考えられ、悪い内容となった場合には景気停滞を嫌気する雰囲気が更に強まる可能性がある点を十分に注意したい。