TOP » セントラル短資 » 円安はシストレで利益を狙え!セントラル短資の自動売買
円安はシストレで利益を狙え!セントラル短資の自動売買
cms.tatsujin05 (2013年1月29日 21:59)

円安トレンドは自動売買で狙おう。自動売買ならチャートを見ていなくても予め作製したEA(売買プログラム)が自動で発注してくれる。今回は初心者でも簡単にシストレが始められると評判のセントラル短資FXの「クイックチャートトレード(QCT)」で使えるEAを無料で配布する。パラメーターは私の経験則からチューニングしたもの。検証結果もあわせて紹介するので、まずはデモなどで稼働したうえで、もしパフォーマンスが引き続き良ければ使ってみて欲しい。

セントラル短資FXのサービス詳細

EA(売買プログラム)の手法

手法は短期、中期それぞれのパラメーターをシステムにて最適化したもので、買いエントリーのみ。パラメーターは、新規は緩めに、決済はきつめの設定をしている。移動平均線をもとにEAを作成するとレンジで無駄な売買を繰り返し、パフォーマンスが下がるが、現在のドル円のようにトレンドが出ているときは、極めて良好なパフォーマンスが出る傾向がある。(オレンジ色のマルで新規、決済)これだけで約2.5円幅、1万通貨だと約2.5万円の利益が出たことになる。今後も円安は続くだろうから、一定のパフォーマンスが出ることを予想する。

usdchart.png

自動売買といえども、勝ち続けるわけではない。あくまでうまくいけば利益があがる。この点は通常のトレード(裁量トレード)と同じ。当然損失が出る可能性もある点には注意が必要。

検証結果

以下の図を参照にしながら見てほしい。まずQCTの自動売買パネルを開き、ストラテジエディタのメインメニュー「テスト実行」で「利益優先」を選択(①参照)。次に通貨ペアはドル円を選択(②)し、③テスト実行。次に④「集計とグラフ」をクリック。そうすると検証結果が出る。これが今回無料で配布するEAの検証データだ。

【期間】2012/11/29~2013/1/29(約2カ月間)

【通貨ペアと時間軸】ドル円/1時間足

【累計損益(合計pips)】733pips(1万通貨だと約7.3万円の利益)

【最大確定損失】約60pips

上記検証結果は、過去の為替相場データを元にした結果であり、将来の利益を保証するものではありません。

qct.png

セントラル短資FXの自動売買は、通常の口座と同じスプレッドで取引できる。ドル円1.0銭、ユーロドル0.8pips、ユーロ円2.0銭と極めて狭いスプレッドで取引できるため、非常にお得だ。

セントラル短資FXのサービス詳細

EAを欲しい方は、このページの下の【コメント欄】に、EA希望と書いて送信してください。メールにてEAファイルを送信します。

【関連ページ】セントラル短資のミラートレーダー徹底解説

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cms-forex.com/mt/mt-tb.cgi/261

コメントする