TOP » 為替相場 » 為替相場はユーロ安主導で円高へ
為替相場はユーロ安主導で円高へ
cms.tatsujin05 (2012年10月12日 21:02)
本日の為替相場は、昨日の欧州時間に報じられたソフトバンクによる米通信大手企業の買収に絡んだ円売りへの思惑があるために、ドル円やクロス円通貨は底堅い値動きを続けると期待される。

 

ただし、米国株式市場が堅調な寄付きから一転して反落しているために、この影響がアジア市場にも波及して株価が軟調な展開になると、円売りの勢いは削がれる可能性がある点には注意したい。スペインの格下げに対する市場の反応を見ると、欧州へのネガティブな材料は食傷気味であまり材料視されない地合いとなっている。もし手がかり材料が不足した環境が続けば、思い出したように欧州への不安感を強める可能性もあり、特にスペインが支援要請を躊躇している点が懸念材料として大きく取り上げられた場合、先の格下げの効果がジワリと効いてくることになると考えられる点にも気をつけたいところである。

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cms-forex.com/mt/mt-tb.cgi/244

コメントする