TOP » 為替相場 » ユーロはスペイン支援要請で波乱含み
ユーロはスペイン支援要請で波乱含み
cms.tatsujin05 (2012年10月 3日 20:59)
本日の外国為替市場は、スペインの支援要請に対する思惑が交錯してユーロが不安定な値動きを繰り返し、その影響を受けて市場全般的に波乱含みの展開になることが警戒される。仮に強い数字となった場合には、週末の雇用統計での好結果に期待感が膨らむ上に、意外と底堅い景況感に加えて無期限の流動性供給が実施される事になる点から『過剰流動性相場』が形成される事への期待感が膨らむとも考えられ主要通貨の上昇が強まる可能性もある点にも注目したい。

市場では、スペインが支援要請を行うとの見方を強める向きが少なくないものの、当のスペインではラホイ首相がその緊急性を否定する発言を行っており更には独も早期の支援に否定的なスタンスをとっていることから、各国要人発言を背景に思惑が交錯しやすい地合いになっていると考えられる点にFX初心者の方は、十分注意を払いたい。

 

 

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cms-forex.com/mt/mt-tb.cgi/238

コメントする