TOP » 為替相場 » 為替相場はふたたび材料探しへ
為替相場はふたたび材料探しへ
cms.tatsujin05 (2012年10月 1日 23:49)
本日の外国為替市場は、スペインのストレステストの結果がほぼ予想の範囲内であったことから、欧州に対する懸念がやや払拭されたとのリスク一服感が市場を占めているため、再び材料探しの雰囲気を強めて各通貨が不安定な上下を繰り返す展開になるとことが予想される。

特に今週は各国の政策金利の発表が控えているほか、週末には米国の雇用統計の発表がある。結果、様々な思惑が交錯しやすく、局面局面で不安定な値動きが繰り返されるだろう。また一部格付け機関がスペインの格下げの可能性に言及しているため、その影響からスペインの長期債の利回りが上昇する動きを強めた場合、再びユーロ売りの圧力が強まる可能性が有るだろう。

 

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cms-forex.com/mt/mt-tb.cgi/237

コメントする