TOP » 中長期投資 » FX初心者の投資心理-中長期投資するケース
FX初心者の投資心理-中長期投資するケース
cms.tatsujin05 (2012年9月17日 17:54)
image2.png

中長期的な投資をすることを前提にFX投資を始めました。どの程度の頻度で外国為替市場を見たらいいでしょうか?

A.可能な限りいつも

B.週に1回くらい

C.ストップロスを入れて、そのまんま

解説と解答

為替レートはさまざまな要因で変動します。FX投資をするうえで、価格の変動を追いかけ、その変動に応じて適切な対処を行なうことは非常に重要です。ですので、事情の許す限りスクリーンのチャートを、ニュースや材料と照らし合わせて見るのが満点です。それができなければ、毎日1回、最低でも週に1回(2点)は見るようにしましょう。
 
中長期の投資といえどもストップロスを入れたきりでまったく見ないのは問題外の0点です。 日中の相場の動きを時々しか見ないプロは多くいます。かつてヘッジファンドに移った 先輩などは、ゴルフ場から電話をかけてきて、「ヘッジファンドはいいぞ」と私を誘ってくれたことがあります。そのころ、私はディーリングルームで、「いつも居眠りしている」と言われていました。しかし、相場が動き始めた時は、なぜか真っ先に売り買いしていました。居眠りしているようでいて、耳と神経は起きていたのです。
 
そういう我々もジュニアと呼ばれるころには、スクリーンの前に貼り付いていたものでした。おそらくどんな習い事でも、少なくとも数カ月周は、寝る周も佃しんで精進しないとモノにはならないのではないかと思います。プロはジュニア時代にその時期を過ごします。 そして、材料に対する価格の反応や、商品ごとの値動きのクセを身体にたたき込むのです。時々しか相場を見ないプロがいるのは、その時々のうちに次の動きの流れまでを読み込み、そうでない場合の対処法まであらかじめ決めておくからです。 また、プロは自分が見ていなくても、上司や仲間の誰かがポジションを把握していて、 何かことがあれば知らせてくれるシステムが構築されているのです。
 
【解答】 A・・・8点  B・・・2点 C・・・0点
カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cms-forex.com/mt/mt-tb.cgi/217

コメントする