FX New Rules

FXの初心者必見
FXで勝つための新ルール!

FX New Rules 1~20 - 新時代のFX -

今ならFX運用に役立つ
書籍とDVDの2つが
ダブルでもらえます!!

株式会社マネースクウェア・ジャパン

初心者でも勝てるFX

FXはちょっとした工夫で利益が変わる・・・
【通貨の特徴】 世界の通貨の特徴 FXで人気の注目通貨の取引ポイントを解説
【FX質問箱】FXに関するQ&A 元FX業者社員が皆さまの質問に答えます
ブログパーツ無料配布中

世界のFXの舞台は日本にある

現在、日本のFX投資家が、世界の外国為替市場に影響を与える存在になっているのを皆さんはご存じでしょうか?

「ミセス・ワタナベ」とういう言葉を聞いたことがあると思います。これはワタナベさんという、人の名前を指しているのではなく、海外のディラーや金融市場にたずさわっている関係者・マスコミが、日本のFX投資家群を指すときに使う言葉なのです。

この「ミセス・ワタナベ」という言葉が生まれたのは2007年頃でした。外国為替市場の東京時間(午前8:00-午後3:00くらい)、午前中は円高方向に向かっていたものが、10:00位からどうも円安に戻ってくる傾向がある。しかもこれといって相場を反転させるそれらしい情報もないのに...このような状況が頻繁に起こった時期がありました。その当時、国内、海外のディーラー、マスコミの間で非常に不思議な現象として有名になっていました。

この当時は、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアを中心に好景気に沸き、世界の金融市場では、高金利通貨買いがはやっていた時期でした。有名なキャリートレード全盛期です。

そしてこの原因を探っていくと、朝の家事を終えた主婦やサラリーマンを中心とした個人のFX投資家が、時間のあいた時間や昼休みを利用して一斉に円売り・ドル買い(その他外貨買い)の注文をしていたというものでした。

さすがに専門家やディーラーも、日本の個人の投資家の取引動向が為替相場を左右するほどの影響力を持っていたとは想像もつかなかったようです。

この現象は、やがて世界中に伝わり、日本のFX個人投資家群を指す「ミセス・ワタナベ」という呼び名が生まれたのです。

外資系銀行のフロントの方から聞いたのですが、2007年頃は東京時間の約3割がFX投資家の取引高だったのが、2011年になると約8割になったそうです。

このように私たち、FX投資家は外国為替市場の主役級の存在になっていることに誇りを持つべきでしょう。

これまでは、外国為替市場におけるFX投資家の存在について述べましたが、世界のFX(外国為替証拠金取引)業界から見た場合、日本のFX投資家はどのような存在なのでしょうか?

それは日本の各FX会社の取引高を見ればわかります。以下のデータは2011年8月に日経新聞に掲載されていたデータです。外為オンライン、クリック証券、総合ネット証券(SBI証券だと思います)、FXTS(FXトレーディングシステムズ)が上位にランキングされており、合計12,800億ドル、占有率は56%になっています。

日本でFXが立ち上がった頃、アメリカのFXCM、Refco(すでに破綻)、GFTなどは、雲の上の存在でしたが、あまり大したことがない存在になってしまいました。

世界のFX会社の月間取引高

順位 本社国籍 会社名 月間取引高(億ドル)
1位 米国 FXCM 3,210億ドル
2位 日本 外為オンライン 3,180億ドル
3位 日本 クリック証券 2,700億ドル
4位 日本 総合ネット証券A 2,380億ドル
5位 デンマーク saxo bank 2,320億ドル
6位 日本 FXTS 2,160億ドル
7位 米国 GFT 2,000億ドル
8位 英国 Alpari 1,920億ドル
9位 米国 Gain(forex.com) 1,600億ドル
10位 英国 IGグループ 1,550億ドル
合計 23,020億ドル
日本のFX会社の合計取引高 12,800億ドル
日本のFX会社の取引高比率 56%

今後、日本のFX業界がさらに拡大していくために、キーポイントになるのがアジアへの進出になるでしょう。私がFX業者に勤務していた時、海外のマーケティングリサーチをしましたが、台湾、中国(香港、上海)、ベトナム、インドネシアの投資家は日本のFX会社の進出を心待ちにしています。彼らいわく、現地のFX業者、欧米のFX業者のサービスは信用ならないそうです。

それはそのはず。欧米のFX会社はよく倒産するし、サービス内容も今一。その点、日本のFX会社のサービスはピカイチです。インターバンク市場もびっくりのスプレッド固定スプレッドは0銭台即時入金サービス、各FX会社独自のプラットフォーム開発。こんないたれりつくせりのFXサービスは世界にはないのが現状です。

日本のFX会社の取引高が増加すると、今以上にスプレッドも更に縮小し、私たちはますます有利な環境で取引できることが予想されます。

一方、日本のFX業者が海外進出する際、問題になるのは、日本の法律です。詳細は書けませんが、海外で日本の証拠金業者が営業活動をするのは非常に難しい現実があります。すでにお魚はたくさんいて、竿をたらすだけで利益があがる。結果、国の税金も増える。我が国にとってこんないい話はありません。日本は、このようにしてアジアの富をグレートチャイナ(中国、香港、シンガポール)にもっていかれているのだな、とつくづく実感してしまいます。

2011 年(1~12 月度)月間取引高累計

2011 年(1~12 月度)月間取引高累計

関連ページ

2011年頃からスプレッド競争は「狭さ」から「固定」に舞台が移りました。スプレッドは買値と売値の差のことで投資家にとってはコストのひとつ。コストを抑えて利益を伸ばすため、スプレッドは固定で狭いFX業者を選択しよう。
スプレッド固定で有利なFX業者の一覧