FX New Rules

FXの初心者必見
FXで勝つための新ルール!

FX New Rules 1~20 - 新時代のFX -

今ならFX運用に役立つ
書籍とDVDの2つが
ダブルでもらえます!!

株式会社マネースクウェア・ジャパン

初心者でも勝てるFX

FXはちょっとした工夫で利益が変わる・・・
【通貨の特徴】 世界の通貨の特徴 FXで人気の注目通貨の取引ポイントを解説
【FX質問箱】FXに関するQ&A 元FX業者社員が皆さまの質問に答えます
ブログパーツ無料配布中

「スワップポイント」とは

はじめてFXをする投資家はスワップポイントの考え方に頭をひねると思われます。

一定期間後に通貨を交換する場合には、取引する通貨ペア間の金利差を受け払いする必要があります。この金利差の調整分がスワップポイントです。

たとえばFXでドルを買っている状態は、将来のある時点で円を支払って、ドルを受け取る約束をしていることです。言い方を換えれば、円を借りてドルを貸しているのと同じことになります。

まず銀行から円を借り、銀行から調達した円をドルに交換し、このドルを外貨預金に預けておくようなものです。このような行為を行えば、当然、円の借り入れ金利とドルの預金金利が発生します。

このような取引は、インターバンク市場でも行われており、スワップマーケットという市場が存在します。インターバンク市場と同じ条件で外国為替取引を行っているFXにおいても同じように、スワップポイントの受け取りまたは支払いが発生するわけです。

スワップポイントは、対象となる通貨を発行する国の金利水準に依存します。サブプライム問題以前のように、日本の金利より米国の金利か高いという状況では、ドル買い(=円売り)を行った場合、受け取り金利(ドル金利)のほうが支払い金利(円金利)より高いため、スワップポイントはプラスになり、取引期間に応じてスワップポイントを受け取ることになります。簡単に言えば、ドルを買えば金利分かもらえるということです。逆にドル売り(=円買い)を行った場合はスワップポイントの支払いが生じることになります。

現時点(2012年1月時点)では円を売って豪ドルNZドル南アフリカランドトルコリラなどを買えば比較的大きなスワップポイントを受け取ることができます。

スワップポイントとレバレッジの関係

またレバレッジ倍率を高くすれば高くするほど、元本に対する年間利回りは高くなります。ただし為替レートが予想に反し、下落した場合は元本に対する損失額が大きくなるのでバランスをみながら取引したほうがいいでしょう。

スワップポイントの年間利回りは当然レバレッジの大きさに比例します。レバレッジが大きくなれば利回りは高くなります。以下の図はオーストラリアドル円におけるレバレッジの大きさと年間利回りの関係です。例えばオーストラリアドル円(現在の為替レート=80円、スワップ1日80円)で計算した例です。(1年を360日で計算)

レバレッジ1倍で年間利回りは3.60%、レバレッジ5倍だと単純にレバレッジ1倍の利回り3.60%を5倍し、18.00%となります。通常スワップポイントによる収益獲得を目的とし、中長期運用する投資家はレバレッジ1倍から5倍程度で取引される方が多いようです。

  レバレッジ1倍 レバレッジ5倍 レバレッジ10倍
証拠金額 800,000円 160,000円 80,000円
年間累計スワップ 28,800円 28,800円 28,800円
年間利回り 3.60% 18.00% 36.00%

関連ページ

これまでのように長期保有でコツコツスワップポイントを積み上げたり、レバレッジの倍率を上げて短期売買で大儲けを狙うという投資手法は通用しなくなりつつあります。これからのスワップポイントの狙い方をご紹介いたします。
初心者でもいちからわかる、FX入門

スワップポイント付与のタイミング

スワップポイントは、スポット取引(直物取引)の場合には1日ごとに受け払いが行われます。FXで取引している通貨取引は、新規に売り買いしてから2営業日に受け渡しがされる直物取引なので、銀行預金や銀行借り入れの金利計算と同様に、取引期間中に上日や祝日などが入れば、その分も計算されます。

たとえば投資家が新規にたてたポジションを自ら反対売買(決済)しない間は、FX会社が、自動的に受け渡し日を繰り越しますので、金曜日に取引を行っても翌日に決済日の先延ばし(ロールオーバー)をし、土曜日と翌々日の日曜日、そして月曜日(決済日は月曜日に繰り延べ)の3日分が付与されることになります。さらに月曜日が日本の祝日だったり、米国の祝日である場合にはスワップポイントは4日分になります。

なお、実際の取引では、買いのスワップポイントと売りのスワップポイントのレートは各FX会社の裁量で微妙に違ってきます。もしスワップポイントによる収益を期待してFXを始めるのなら、ロング(買い持ち)のスワップポイントが高いFX会社を選択したほうが賢明でしょう。

FXで勝つためには、取引ルールを知ることが重要

デイトレード、スキャルピング、スワップ狙いなど、FXで利益をあげる方法は様々あります。これはFXがレバレッジを利用した自由自在な金融商品だからできること。いっけん複雑に思えるFXの仕組みを、初心者の方でも理解しやすいように、FXの活用方法、取引ルールを簡潔にまとめました。

rule_0922.png

FX初心者の方におすすめのFX業者-最強の組合せ

FX業者により強化しているサービスはさまざま。デイトレードをする初心者の方はスプレッドの狭いFX会社。外貨投資として中長期でFXをする投資家の方は、スワップの高いFX業者。FXで利益を上げるためには、有利なFX業者を選択する必要があります。多くのFX業者に口座開設をして、自分の目でサービスを確認しましょう。実はこれがFXで利益を上げる一番重要なことなのです。

低コストランキング

1位

DMMFX

DMMFX

スプレッド原則固定0.3銭など最強スプレッド。取引画面が操作しやすく初心者にもおすすめ。

2位

GMOクリック証券

スプレッド原則固定0.3銭。バイナリーオプション利用可能。

3位

YJFX!

千通貨、米ドル/円スプレッド0.3銭。バイナリー利用可能。

スワップランキング

1位

外為オンライン

外為オンライン

ドル円をはじめ高金利通貨も最強のスワップを提供。キャッシュバックキャンペーンがお得

2位

外為どっとコム

スワップのみ出金できるスワップ振替機能。豪ドル、ランドのスワップ抜群。

3位

セントラル短資FX

ポジションを決済せず、スワップをいつでも出金可能。シストレ利用可能

少額(千通貨)ランキング

1位

ヒロセ通商

ヒロセ通商

1000通貨から手数料無料。ドル円スプレッド0.4銭固定。バイナリーオプションもある

2位

SBI FXTrade

100円程度、1通貨から取引可能。千通貨のスプレッドは抜群に狭い

3位

マネーパートナーズ

千円、100通貨から取引可能。100%約定保証。格安の外貨両替サービスあり